高圧的な面接官に「あなたの態度は不快です!他の会社に行きます!」と言ったらまさかの事態に‥

 
 

面接といっても

directory-235079_1280

実は一つではないのです。
まずはスタンダードな個人面接から紹介します。
面接官1名(もしくは複数)に対して学生が1名で臨む面接です。企業によっては1次面接から個人面接を行う場合もありますが、多くは2次面接以降で行います。

一つ一つの質問に対して掘り下げて深く聞かれることが多く、面接時間は20~60分とばらつきがあります。また、最終面接になると、面接官も役員や社長クラスが担当することとなり、見られるポイントも異なってきます。

 
 

グループ面接

job-interview-437026_1280
多くは、1次面接など、選考の初期に行われ、学生の人数は3~5人程度のものが多く、時間も人数に応じて30~60分くらいとさまざまです。一人あたりですと10分程度の時間が与えられます。

質問される内容は、自己紹介や学生時代に頑張ったことなど、基本的なことを聞かれる場合が多いです。その際に一人一人に同じ質問を投げかけることもあれば違う質問を投げかけられることもあります。

そして集団になると、他の学生と比較されやすくなってしまうので、話を聞いていない・緊張しすぎている人は悪い意味で目立ちます。なので周りの学生の空気に流されず、他の方の話も聞く姿勢も重要です。